賃貸に出すマンション、住宅ローンが残っていても大丈夫?

ンションを賃貸に出そうとする時、まだそのマンションの住宅ローンが残っていることも多いと思います。住宅ローンのほとんどは、原則として居住している場合に優遇された住宅ローン金利が適用されます。

つまり、自分が居住することを目的としない「投資用にマンション」を購入して、金利の低い住宅ローンの利用することを抑制するためでもあります。

そのため、転勤や引っ越しなどにともないマンションを賃貸に出そうとすると、この住宅ローンの原則に引っかかることになります。賃貸に出す場合には、「優遇金利を外したローンに組み替える」「一括返済をせまられる」などの情報もよく目にします。



実際は本当に住宅ローンが打ち切られるのか?

では実際はどうかというと、これは各住宅ローンを組んでいる金融機関に確認するほかありません。転勤などの例外を認めている金融機関もありますし、そもそも何の問題もないところもあります。各金融機関に相談の上、条件などを確認しそれに従うようにしましょう。

ちなみにうちでお願いしている金融機関は後者の「そもそも何の問題もない」状況でした。電話をすると「別に賃貸に出そうが何の問題もないですよ、こちらからの書面などが届くように登録の住所変更だけはしておいてください」とあっさり終了しました。

これなら投資用マンションでもこの住宅ローンを使える! と思ったりもしました。(※銀行名は伏せますが、メガバンク系ではない銀行です)

主な銀行の資金使途

みずほ銀行

みずほ住宅ローン
資金使途:* 賃貸の目的にはご利用できません。

三井住友銀行

三井住友住宅ローン
お使いみち:ご本人が居住される住宅・宅地の購入資金、新築・増改築資金

三菱東京UFJ銀行

住宅ローン
資金使途:ご自身がお住まいになる住宅の建築・購入・増改築資金、住宅ローンの借替資金・借り替えに伴う諸費用。

セカンド住宅ローン
※賃貸される物件を購入(建築)される場合、セカンド住宅ローンはご利用になれませんのでご注意ください。

りそな銀行

りそな住宅ローン
資金のお使いみち:ご本人が所有し、ご本人またはご家族がお住まいになる住宅の新築・購入資金、マンションの購入資金。

仮にいまの住宅ローンが打ち切られるとなった場合の対処法

これはもう一択しかないと思います。賃貸に出していても問題のない金融機関の住宅ローンに借り換えをすることがベストでしょう。

同金融機関内で優遇金利ではないローンに組み換えをするのであれば、別の金融機関へ借り換えをしてしまった方がトータルでかなりのコスト減になります。

一般的な住宅ローンの借り換えの相談と同時に、「賃貸に出すことは可能か」どうか聞いていみて申込みを進めるとよろしいかと思います。